ソードオブガルガンチュアはVR剣戟ゲームの最高傑作!評価&レビュー♪

VRゲーム

剣と剣のぶつかり合いは好きか!?と聞かれて好きじゃない!と言われたら日本人じゃないです(笑)
コントローラーを握らせてなお人はリアルな剣戟を求めてきました。
このソードオブガルガンチュアはVR剣戟のジャンルでは伝説級に完成度の高い作品です。
ゾンビ相手の銃撃戦もいいですが、たまには正統派騎士としてバッサバッサ斬っていきましょう!

スポンサーリンク

▼▼▼Oculus Quest 2ゲームの総合ランキングまとめ記事はココ!▼▼▼
【随時更新】Oculus Quest 2おすすめゲームランキング&レビュー済みまとめ
Oculus Quest 2のVRゲームを完全に個人好みで総合ランキングに! 1位はやっぱりあの伝説の…!? 実際にプレイしてみて面白かった作品はマイナーでも容赦なくランクインさせてます! あなたの知らなかった隠れ面白ソフトが見つかるかも!?
▼▼▼ソードオブガルガンチュアの総合評価はこんな感じ♪▼▼▼
タイトルソードオブガルガンチュア
価格¥2,490
ジャンルアクション、RPG、対戦・格闘
言語日本語、中国語、英語、韓国語
開発元Thirdverse
面白さ 5.0 難易度 4.0
操作性 5.0 中毒度 5.0
爽快感 5.0 VR酔い 4.0
頼れるのは己の技術のみ!VRで剣の腕を磨くならこれを置いて他に無し!
【良い所】
作りこまれたリアルな剣戟が、最高の爽快感を与えてくれる。
多種多様な戦闘スタイルを自分の体と感覚で作り上げる事が可能。
敵との一進一退の緊張感あふれる戦闘がクセになる。
【残念な所】
ヌルゲーでは無いので諦めない強い剣士の心が必要(笑)
操作は単純だが戦い方を体が覚えて成長するまでに時間がかかる。
VR酔いしづらい安心設計だが、酔うものは酔う。
▼▼▼ソードオブガルガンチュアの公式トレーラーはこちら!▼▼▼
Swords of Gargantua – Oculus Quest 2 Trailer

ソードオブガルガンチュアって何?

VR剣戟でアツい駆け引きが楽しめる!

ソードオブガルガンチュアのプレイ画面

ソードオブガルガンチュアはVR内で剣士となり、敵と切り合って倒していくゲームです。
とはいえただ切ったり切られたりして終わるような内容ではありません。

敵の攻撃を防ぐ。

攻撃を弾いて隙を作って切り込む。

敵の弱点に合った武器で、的確に攻め込む。

まさに手に汗握る一進一退の剣戟が楽しめるのです。

剣道を参考にして徹底的にこだわって練り上げられたこの作品は、今の所同系統のゲームと比較すると群を抜いてリアリティが追求されています。

魔法攻撃は一切無し!頼れるのは己の技術のみ!

ソードオブガルガンチュアにおいてプレイヤーには「魔法攻撃」という手段がありません。

火の玉を飛ばして敵をやっつける、とか。

召喚獣を出して攻撃する、とか。
ファンタジーにありがちな攻撃方法がプレイヤーにはありません。

(不公平な事に敵は魔法弾みたいなのを撃ってくるヤツがいます(笑))ソードオブガルガンチュアで魔法弾撃ってくる敵

頼れる物は己の剣裁きと反射神経のみ。

たった1本の剣でも自分のスキル次第でどこまででも強くなれるのがソードオブガルガンチュアの良い所ですね。

マルチプレイがアツい!

オンラインラウンジの機能で、様々な人とボイスチャットやエモーション(感情を表す顔文字やメッセージが出せる機能)でコミュニケーションを取ったりパーティーを組んだりする事が出来ます。

数人で行けば、1人が囮役になり残り数人で敵を袋叩き!というスタイルも取れるので、1人では難しいステージもあっという間にクリア出来てしまう事もありますね。

最終目標は偽りの神を倒すこと

シングルにせよマルチにせよ、ソードオブガルガンチュアにおけるラスボスは偽りの神「ガルガンチュア」です。

最下層である101Fにてプレイヤーを待ち構えているので、プレイヤーはそこまで死線を何度も潜り抜けていかなければなりません。

私も未だそこまで辿り着けてはいませんが、実は最初のチュートリアルで全員一度顔を合わせています。
見上げなければ全貌が見えないほど巨大な姿をしています。

ソードオブガルガンチュアの操作方法

操作方法自体はそこまで複雑ではありません。
移動する、向きを変える、剣を持つ、剣を振る、ステップで避ける。
ほぼこれだけの動作を覚えればそれだけでいいのですが…。

立ち回りを覚えるまでが難解

ソードオブガルガンチュアでは、振った剣の速度で威力が変わります。

とはいえ、非力な人でも楽しめるようにちょっと手首のスナップを効かせただけでも強い斬撃になるようには設定されています。

ここで「ソードオブガルガンチュアは難しい」という評判になってしまう一番の原因が

敵の攻撃を避ける、もしくは弾いてスキを作って弱点へ打ち込む

という操作が必要になる点です。
この「敵の攻撃を避ける」にはトリガーを押しながら頭を任意の方向に振ると、その方向にすばやくステップするのですが、これを相手の動きを見ながら効率的に行っていく必要があります。

断言してもいいですが、このステップ移動を柔軟に行えなければ全階層踏破は難しいです。

プレイヤーは「スキルゲージ(SG)」というパラメータがあり、それが満タンになると「エンチャント攻撃」という刀身が光って攻撃力が上がる必殺技があります。

ソードオブガルガンチュアのエンチャント画面

そのプレイヤーと同じく敵の攻撃の種類の中にも必殺技があり、それはパリィする事が出来ず剣で完全にガードする事が出来ません。(盾なら防げます)

ソードオブガルガンチュアの敵チャージ攻撃

しかも中間層以降の敵になるとやたら連発してくる始末なので、防ぎきれません(笑)

そのような状態になるので、敵の必殺技への最適解は「ステップ移動」というわけです。

また、もう一つの「攻撃を弾く」というのも「パリィ」というアクションになるのですがこれもタイミングを掴めるまではめちゃくちゃ苦労します。

「ゲーム勘」がある人でも何回かチャレンジしてやっと成功する感じですね。

しかしこの「パリィ」はうまく使いこなせると驚くほどバッサバッサと敵を倒す事が出来ます。

というのも「パリィ」を行うと敵の弱点が緑色で丸く表示されるのでそこを斬る事で大ダメージを与える事ができ、更に連続で攻撃を叩き込むとコンボ効果でダメージが倍増していくからですね。

ソードオブガルガンチュアで弱点露出した画面

「ステップ移動」と「パリィ」を上手に使いこなし、上手く立ち回るにはそれなりに操作経験を積む必要があります。

パラメータや武器の強さが全てではなく、そういった純粋なプレイヤースキルが物を言うという所がよりリアル感を演出していますね。

操作方法は動画で学ぶのが一番

ゲーム開始直後にチュートリアルがあり、最低限の操作を覚える事が出来ますがいざダンジョンに潜っていくとぶっつけ本番でテンパります。

youtubeに初心者向けの操作解説動画があります。
これが非常に分かりやすく、これ以上の初心者向け動画は無いと思いますので是非こちらの動画で操作方法を学んでみてください。

基本動作編

まずは基本となる動作をここで覚えておきましょう!

チュートリアルだけでは説明されない小技なんかもここで説明されています。

ソード・オブ・ガルガンチュア初心者向け動画-基本動作編-

防御編

防御を制する事は攻略を制する事です。

防御の基本はここで学びましょう。

ソード・オブ・ガルガンチュア初心者向け動画-基本動作編-

蘇生編

仲間の蘇生については、マルチプレイモードでしか使用しません。

いずれ慣れてきたらマルチプレイモードも行うはずなので、ここでしっかりと予習しておきましょう。

ソード・オブ・ガルガンチュア初心者向け動画-基本動作編-

マナプラント編

マナプラントは私はOculus版では見たことはありませんが、一応見ておきましょう。

スポンサーリンク
ソード・オブ・ガルガンチュア初心者向け動画-基本動作編-

エンチャント編

ここぞ!という所でエンチャント攻撃を叩き込むのは攻略以前に爽快感を求める為に必要になってきます(笑)

スキルゲージがゼロになるまでの間の限られた時間を有効に駆使し、攻撃を叩き込みましょう!

ソード・オブ・ガルガンチュア初心者向け動画-基本動作編-

ロックオン&ステップ移動編

私はロックオンはほとんど使えていませんが、ステップ移動に関しては絶対に!覚えておくべきです。

ステップ移動を使わずに攻略するのは中盤以降は不可能と思った方がいいでしょう。

ソード・オブ・ガルガンチュア初心者向け動画-基本動作編-

パリィがうまく出来ない!?

敵の攻撃に合わせて武器を振り、攻撃を弾いて相手の体制を崩す「パリィ」が慣れるまでに一番時間のかかる操作だと思います。
よく初心者にありがちなのが「パリィしているつもりなのにガードになっている」という状況です。

これは単純に剣の振りが遅いだけです。

ガード自体は剣でも出来るので、どうしてもこういう状況になりがちなのです。

タイミングや角度とかそういう細かい考えは一回置いといてOKです。

自分に攻撃が当たる直前のスキをついて、相手の攻撃を勢いよく弾く。

これだけを意識していれば、パリィを失敗する確率は非常に低くなります。

▼▼▼ソルジャー相手で言えば、パリィできるタイミングはこのタイミングです。▼▼▼

何故か手から剣が離れていますが、こういうタイミングを意識すればOKです。

ソードオブガルガンチュアでパリィ直前の画面

パリィを繰り返す過程で、敵キャラごとの攻撃のタイミングが見えてくるので、そこから微調整していけばいいので、まずは攻撃に合わせて全力で振ってみましょう!

全人類の憧れ!二刀流について

ソードオブガルガンチュアは両手に剣を持つ事が出来ます。

両手に短剣のアサシンスタイル。

両手にメイスのバーサーカースタイル。

両手にロングソードの王道スタイル。

両手に大型剣のクラッシャースタイル。

組み合わせは自由ですが、二刀流ってカッコいいと思いませんか?(笑)
(※ちなみに上で挙げたスタイルは私の勝手な呼称です(笑))

最近で二刀流の剣士と言えばアニメ「ソードアートオンライン」で有名になった主人公キリトですが、まさにそんなアニメの主人公になったような気分になれます。

二刀流の面白い所は、それぞれの斬撃ダメージがちゃんとあるところで、腕の運びによっては恐ろしいほどスムーズに敵を倒す事が出来ます。

オーソドックスに剣+盾だけでは無く、ぜひ二刀流にもチャレンジしてみてください!

ソードオブガルガンチュアの二刀流画面

ゲーム内に登場する武器の種類について

様々な種類の武器が入手可能

ゲーム内では様々な種類の武器が入手可能です。

ロングソード、ショートソード、レイピア、メイス、ヌンチャク、手裏剣、両手剣、ダガー等々…それぞれの武器に特徴や得意な状況がある為、その時の戦闘状況によって変えていくのも攻略には必要になってくるでしょう。

敵が持っている武器も使える!?

武器持ちの敵を倒すと稀に、その敵が持っている武器をドロップする事があります。

通常は敵も武器もすぐに消えてしまいますが、ドロップした場合はかなり長い時間フィールドに残っているので、その時間の長さで見極める事が出来ますね。

敵が落とす武器がまーデザインが格好いいんです(笑)

ソードオブガルガンチュアの敵の武器ドロップ

耐久性に難ありですが、攻撃力はロングソード程度でサブ武器には持ってこいです。

武器の種類はソルジャー系の敵が落とす剣と、タンク系の敵が落とすハンマーがあります。

タンク系の敵のハンマーは両手で振り下ろすスタイルで絶大な攻撃力を誇りますが、反面非常に壊れやすいのでご注意ください。

敵があんなにバンバン振り回してたのに何だか不公平な気もしますが(笑)

武器には耐久度が存在する

入手できる武器には全て「耐久度」が存在します。

連続で敵を斬り続けていたり、盾で防いだりしているとある時ガラスの割れるような音と共に武器に緑色のヒビが入ります。

この状態に攻撃しても「1ダメージ」しか相手に与える事が出来ません。
盾であればほとんど防御していないのと同じ状況になります。

また、この状態で更に使い続けると盾の場合は破損します。

破損した盾はもう元には戻らないので捨てる他ありません。

武器や盾の耐久度は納刀する事で回復する事が出来ます。
(※盾のみ完全に破損すると納刀できない)

敵を斬った後や防御した後は納刀する癖をつけ、耐久度を回復している間に他の武器で応対する…という感じにしてき耐久度管理が出来る様になってくると攻略がかなり楽になりますよ。

ちなみに武器を持っている手の甲にひし形のランプがついていて、武器の耐久度が減ってくるとここが赤く点滅します。

ここが赤く点滅を始めたら、迷わず納刀して耐久度を回復するクセをつけましょう!

ソードオブガルガンチュアの盾の耐久度の画像

ソードオブガルガンチュアの進め方

始めてみたけどどういう風に進めていけばいいの!?という人の為に、ソードオブガルガンチュアの歩き方について触れておきましょう。

まずはシングルモードで鍛錬!

ソードオブガルガンチュアの進め方

武器入手、武器合成、スキル解放、コイン稼ぎ。
何はともあれ、まずは戦闘の基本を体に叩き込む所から!なので、シングルモードでソロでダンジョンに潜っていきます。

チュートリアルや先ほどの初心者向け動画で覚えた技術を実践で体に叩き込みながら、武器をどんどん入手していきましょう。

最初は「ロングソードLv.1」の様な弱い武器しか手に入りませんが、いらない武器も後で同種の武器と合成する事が出来ますし、売ってコインにする事も出来ます。

ソードオブガルガンチュアの武器売却・合成画面

自身の戦闘スキルを高めながらガンガン潜って、ガンガン死にましょう(笑)

ある程度コインが溜まってきたら、スキルの解放をします。

ソードオブガルガンチュアのスキル解放画面

スキルの解放はコインで行いますが、最初の腕力を上げたりダンジョンに持ち込めるコイン量を上げたり…と様々な項目がありますのでコインが溜まってきたら積極的にスキルを解放していきましょう。

私の最初のおススメはHPアップとコイン入手量アップです。

とにかくHPは多いに越した事は無く、何度も敵の猛攻を受ける中層以降ではHPが少なくて涙を飲む場面が多いです。

階層中のレベルアップバフ効果でも上げていけますが、基礎的な体力をここで増やしておけばその分攻撃力などに振れるので効率的でしょう。

コイン入手量アップを選ぶ理由は、ソードオブガルガンチュアはとにかくコインです。

もう、金が無くては楽になりません( ノД`)

頼れるのは己の技術のみ。

とかカッコいい事書きましたが、世の中結局は金持ちが楽になります(笑)

積極的にコイン入手量を上げていけば、効率よくコイン稼ぎが出来るようになりますね。

50Fを過ぎた辺りから死にまくる

敵が急激に強くなる
初心者は特に50Fと言わず、20F辺りからキツくなってきますがやはり一つの折り返し地点である50Fを超えてくるとかなり攻略が難しくなってきます。

ここまでは力任せ、いわゆる「脳筋プレイ」で来れますがここからは確実な戦闘戦略が必要になってきます。

特にプレイヤーを苦しめるのは「タンク・赤」です。
室伏選手よろしくハンマーをブンブン振り回されて突撃された時には、現実でも意識を失いそうになるくらいの絶望感がありますので(´・ω・`)

ソードオブガルガンチュアの赤タンク

敵の動きの見極めが必要になる

ソルジャー系が一度に2~3体なんてザラにあるのでやはり戦略が必要です。

・一体ずつ削るにはどうしたらいいのか?
・どうすれば敵の攻撃を避けられるのか?
・武器の耐久度管理もしながら。

勝つ為に必要になる行動をこの頃から真剣に考えるようになります。

裏を返せば、色々な事を考えられる余裕はこの辺りから出てきます。

諦めずにまずは潜って死んで武器を集めてコインを稼ぐ。

これをやっていってください。

心配しなくても飽きません(笑)

剣と剣でぶつかり合うリアルな爽快感は、据え置きゲームでは味わえないので。

慣れてきたらマルチプレイモードも!

ソードオブガルガンチュアのマルチプレイモード

慣れて気て70Fくらいまで潜れるような技術が自分についてきたとなれば、マルチプレイモードも試してみましょう!

マルチプレイモードのメリット

やはりプレイヤーが大人数になるので、それだけ敵の注意を自分から他に逸らせるというのが大きなメリットです。

ソロで潜っていると敵キャラ数匹に囲まれてテンパる事なんてザラですが、マルチプレイモードであれば敵の注意を分散できるので、各個撃破がしやすくなります。

また、タンク系統の敵であれば味方全員で袋叩きにもできますね。
(※実質これが最大のメリットかと思います)

他人に救援してもらえる

もし敵にやられてしまっても同じエリア内の味方に救援して蘇生してもらう事が出来ます。
ソロだとやられてしまえばそれまでなので、格段に攻略しやすくなりますね。

プレイヤーに襲い掛かる最大の悩み

やればやるほど剣戟の面白さにハマっていく最高傑作であるソードオブガルガンチュアですが、やればやるほどプレイヤーに襲い掛かる最大の悩みの種があります。

VR酔い、という現象です…。

VR酔いをする男性のイラスト

そもそもVR酔いとは「自分は動いていないのに周りの景色が動いている事の感覚のズレから起こる体調不良」なのですが、本作の様な移動するゲームの場合は特に顕著に出ます。

どこのブログや紹介サイトを見てもソードオブガルガンチュアはVR酔いしづらいギリギリの設計で作られているのでVR酔いも心配はいらない。

と声を大にして紹介されているわけですが、あえて私は言いましょう。

酔います。

弱い人であれば30分持ちません。

もちろん設定の中で移動する時だけ視界を狭めて、VR酔いを軽減する設定もありますがそれでもやっぱり酔います。

1時間の激戦を終えてヘッドセットを外す頃には、本当にダンジョンに潜っていたかのような爽快感+吐き気に苛まれてしばらく再起不能になってしまいます(笑)

動く時に実際に自分で足踏みしながら走って移動している様な気分にしていると、少し違いますのでやはり脳というのは精巧に出来ていますねー…。

私もVR酔いを抑える為の方法を絶賛研究中です。

何かいい方法があれば、ぜひ教えてください。

まとめ

このゲーム以上に剣戟を楽しめるタイトルは現段階で存在しません。
開発までに2年の歳月をかけてリアルさを徹底的に追求しているからこそのクオリティでしょう。

VRは銃撃系のゲームが主流で目立ちますが、そんな中での剣を題材にした数少ない良タイトルの一つです。

初めてのVRデビューにも持ってこいなのでぜひプレイしてみてください♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました