Oculus Quest 2のサードパーティ製ストラップを購入したら快適過ぎてレビュー!

Oculus Quest2

Oculus Quest 2のEliteストラップの代わりにサードパーティ製ストラップを購入したら快適過ぎたのでレビューしていきます!純正のバンドにはもう二度と戻れないので覚悟しておきましょう(笑)
今回購入したのは社外品でしたが、十分に快適な使用感を得られました!

スポンサーリンク
▼▼▼他のおすすめアクセサリーのレビューはこちらから!▼▼▼
【必見】Oculus Quest 2のおすすめアクセサリまとめ!【快適VR】
Oculus Quest 2は純正のまま使用するよりも、それぞれ販売されているアクセサリーパーツを組み合わせる事でより快適なVRライフを満喫する事が出来ます! この記事では私が実際に購入した物でおススメのアクセサリーパーツをまとめて紹介していきます!

純正のヘッドバンドは使い辛い

純正のヘッドバンドはかなり簡素な作り

Oculus Quest 2の純正ヘッドバンド

Oculus Quest 2に最初からついているヘッドバンドは手軽に装着は出来ますが、とにかく簡素で重量バランスが悪いです。

動きの激しいゲームになると簡単にズレてきますし、かと言って強く締め付けると目の周りが圧迫されて段々と痛くなってきます。

重量が顔側にのみ偏っているせいもあって疲れる為、長時間のプレイには向いていません。

Cheeroのモバイルバッテリーを装着すれば重量はいくらかましにはなりますが、イマイチ安定した状態でプレイが出来るレベルまでは行きません。
https://vr-oculus-tanosimou.com/oculus-quest-2-mobile-battery-review/

初代Oculus Questの時は最初からヘッドストラップが付属していたのですが、Oculus Quest 2は価格設定を下げる為にコスト削減をかなりしているので、そのツケがヘッドバンドに来ている…という所でしょう。

ヘッドバンドの唯一のメリットは後ろ側が軽いので、ゴロ寝の状態で動画視聴が出来る事くらい。

まあこれもメリットと言えばメリットなのですが…。

ただやはりゲームプレイ時にはヘッドバンドは向いていません。

プレイする人間が変わればバンドの調節も変わる

もしも家族や友人にOculus Quest 2を貸して遊んでもらう場合、純正のヘッドバンドの細かいサイズ変更というのはそれだけで地味に不便を感じます。

頭頂部のバンドの長さ調整から後頭部の細かなサイズ調整までが必要だからです。

人に貸した物をまた自分で使用する時に同じ様にバンドの調節をしなければならない…。

簡単な様に見えて何度も調節するには手間を取りますね。

公式アクセサリーのEliteストラップはどうか?

Oculus Quest 2のエリートストラップの画像
Oculus公式サイトより引用)

Oculus公式からQuest 2専用のバックヘッドストラップである「Eliteストラップ」が販売されています。

初期段階でコストを削った分、必要なユーザーにはオプションで買えますよって事です。

このEliteストラップ、やはり発売当初から爆発的な人気で店頭でもネットでも売り切れが相次いでいました。

一時期はメルカリでも高額で転売されるなど品薄が続いていました。
この品薄の流れはいくらかマシになりましたが、現在でもまだ続いています。

まあそれほどまでに純正のヘッドバンドでは満足できないユーザーが多かったという事です。

さて、このEliteストラップは2021年現在はAmazonや楽天でも購入できるようになってきましたがメチャクチャに高いです。

Amazon価格でも6,819円。
確かに快適なプレイには絶対に必要なアクセサリーであることは間違いないです。
でも…だけど…
いくらなんでも高過ぎでしょ、先生( ノД`)
確かに公式から販売されている作りがしっかりしたストラップなんでしょうけど私にはあまりにも高すぎる様に感じました。
多分これが3,000円くらいだったら普通に買いますが、めちゃくちゃ高いんです。
本体と合わせて購入すれば初代Oculus Questと大差無い値段になってしまいますね。
なので私はサードパーティ製(社外品)のストラップを探し始めました。

そして見つけたあるストラップ製品

現在は検索すれば実に色々なサードパーティ製のストラップが販売されています。

それこそおもちゃみたいな粗悪品から「お?」と思うような良さそうな製品まで色々と。

私がストラップを探し始めたのがOculus Quest 2発売から1ヶ月くらいしてからだったので現在よりかはサードパーティ製のラインナップはまだ少なく、良さそうな物は一つしかありませんでした。

それがこのバックヘッドストラップです。

Oculus Quest 2のサードパーティストラップ

すっぽりと後頭部を覆ってくれそうなフォルム。
そしてダイヤルで締め付けが調節できるという事で、Eliteストラップの下位互換製品っぽいな…と思いながらも3,000円弱という値段だったので即買いしました。

最悪すぐ壊れたら諦めてEliteストラップを買おう。

安物に手を出した私が悪かったんだ…と覚悟を決めていました。

ところが、良い意味で裏切られました(゚Д゚;)

Eliteストラップを使った事が無いので比較は出来ませんが、恐ろしくプレイが快適になり使い続けて半年近くになりますが不具合が全くありません。

控えめに言って最高の体験が出来たので使用感をレビューしていきます!

サードパーティ製ヘッドストラップを感動レビュー!

Newzerolから販売されている安価ストラップ

Oculus Quest 2のサードパーティストラップ左側

価格はEliteストラップの半分以下、中華製な気もする商品です。
Newzerolについては検索しても出てきませんでしたが、他にもスマホフィルムなどを発売しています。

中華製に限らず社外品というのは壊れやすかったり細かな適合がしなかったりと色々な不具合が考えられますが、このヘッドセッドに関してだけ言えばパーフェクトでした。

このストラップの装着方式

後頭部をすっぽり覆うバックヘッドスタイルでダイヤルで締め付けを調節していく装着方法です。

後頭部部分にはクッションがついており、広い面で支えるので長時間の装着でも圧力分散されるおかげで不快感がありません。

Oculus Quest 2を被っている所

純正ヘッドバンドは頭頂部のバンドと後頭部のバンド両方をうまく調節しなければならない手間がありましたが、このストラップはほぼ本体と後頭部のクッションの2点で抑え込むので頭頂部のバンド調節を細かくやる必要がありません。

人に貸す時も、また自分に返ってきた時もストレス無くスムーズに調節する事が可能です。

プレイ中の本体のズレなどはどうか?

純正ヘッドバンドでプレイしていた時は激しく動くとズレてしまい、レンズの焦点が合わなくなってしまう事が多々ありました。

プレイ中の大事な場面でちょっとゴーグルを直してみたりと余計なひと手間がかかっていましたね。

かといって締め付けを強くすれば固定感は増しますが、目の周りがしびれて痛くなってしまったり…。

このストラップはそこまで強く締めなくても本体を安定させた位置で維持したままプレイする事が出来ました。

めちゃくちゃに締めすぎるとさすがに締め付けがキツイですが、ダイヤルを回していて「あー固定できたな」と思うくらいの軽い締めで十分に激しい動きを伴うゲームがストレス無く出来ます。

スポンサーリンク

ストラップの強度は?

あまりぎゅうぎゅうに締め付けるともしかしたらダイヤルが壊れてしまうかもしれませんが、軽く締め付ける程度なら全く問題なくこの半年間活躍してくれています。

PUレザー素材で作られており、多少の衝撃ではビクともしない強度です。

よくよく見ると実物のEliteストラップよりは見た目がチープに感じるかもしれませんが、結局は見た目よりも実用性が命です。

写真で見ても分かる通り、このまま販売されていてもおかしくない程度には違和感がありません。

後頭部のクッションは洗濯できる?

後頭部のクッションはマジックテープでくっついています。

ヘッドストラップのクッション部分のマジックテープ

クッションの下のマジックテープは結構接着が取れやすい感じがするのでここは注意して慎重に外した方がいいかもしれません。
この辺の作りでやっとチープさを感じる事が出来るので、全体的な完成度は非常に高いですね。

この様に取り外して普通に手洗いで洗濯する事が出来ます。

さすがに洗濯機に直に入れて回す勇気はありませんし、バケツの中でぬるま湯と洗濯洗剤でもみ洗いするのが一番綺麗に汚れが取れます。

難点に感じるポイントが3つある

これだけ完成度が高く安いNewzerolのヘッドストラップ。

1つ目の難点は、このストラップをつけるとごろ寝での動画鑑賞が難しくなります。

出来なくはありませんが、ごろ寝した瞬間に後ろからの圧力でゴーグルが浮いてズレてしまいます。
結果、焦点のズレが発生するのでゴロ寝での動画鑑賞には向いていません。

この辺りは簡素な純正ヘッドバンドに軍配が上がります。

2つ目の難点は、ストラップを本体に取り付ける時の固さ・難しさです。

ですがこればかりは仕方ないと思いましょう。

VRデバイスという特性上、大きく動く事も多いので簡単な固定でズレてしまいゴーグルが落下した!なんて事になったら取り返しがつきません。

Amazonのレビューにも取り付けが難しい!というレビューは沢山ありますが、その分取り付けが出来た後は快適なプレイ体験が待っています。

3つ目の難点は、ストラップの▼▼▼この部分▼▼▼

ストラップの耳が当たりそうな部分の解説

人によってはこの部分に耳が干渉する可能性があり、圧迫されて痛くなってしまうかもしれません。

その場合は少しストラップを上の方に上げて締め付ける事で解消されますし、その場合の固定感も特に問題はありませんでした。

ストラップを斜めに傾けている

自由に取り外して純正バンドと交換できる?

まず初めに言っておきます。

これは私の直感ですが、このストラップは一度つけたら簡単には外せないと思います。

「外す事が不可能」ではありません。「やめた方がいい」という事です。

何故かと言われれば「固定するツメが脆そう」という感想を持っているからです。

ヘッドストラップをはめるツメの部分

外そうと思えば外せますが、力加減を間違えてこのツメがポロッと割れてしまいそうな気がします。

この不安感を持たされるのが安価ストラップの最大の代償かもしれませんね…。

もしもこのストラップを次に外す時は、色々なストラップが販売されて「お?これいいかも?」と思って購入したストラップを取り付ける時だけにしておきましょう。

そうすればもしもツメが割れてしまっても取り返しのつかない事にはなりません。

心配しなくても一度取り付けてしまえばそうそう外そうと思う事はありません。

取り付けた後の快適なプレイライフは間違いないので(笑)

もしもゴロ寝で動画視聴するのがメインの使用であれば、このストラップ購入は控えた方がいいかもしれません。

実際の取り付け方法は?

上記の理由からすでに取り付けてしまった私は、外す勇気が出ません(笑)

なのでYoutubeに上がっている取り付け動画をご覧ください。

凄く丁寧に解説されているので、これを見ればそこまで難しくなく取り付けが出来ると思います。

▼▼▼参考の取り付け方動画はコチラ!▼▼▼

【Oculus Quest 2】エリートストラップ類似品レビュー!【オキュラスクエスト2】

しかし私も次に良さそうなヘッドストラップを見つけて乗り換える時には、このツメがどうなるのかとしっかり見届けて、追記していきたいと思います!

当分は今のこのストラップで満足しちゃっているのでまだ先だと思いますけどね。

考えられる交換のタイミングとしては、後頭部のクッションが破れたりくっつかなくなってきたら交換のタイミングだと思っています。

まとめ

完成度が高いのに安い!全人類が求めているのはこの条件です。

そしてこのストラップはまさにこの条件をしっかりと満たしています。

公式のEliteストラップは勿論優秀かもしれませんが、どうせなら少しでも費用を抑えてなおかつ機能性に優れている製品があれば最高ですよね。

激しい動きをするゲームをする場合なら必須!あまり動くゲームをしない人でも快適な装着感を得る事が出来るので絶対に購入しておきましょう!


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました