Oculus Quest 2のイヤホン探してるならコイツが神過ぎるのでレビューする!

Oculus Quest2

Oculus Quest 2本体のスピーカーはもの凄く高音質でそのままのプレイでも映画館のような音響が楽しめますが、Beat SaberやFPSなどをプレイしているとより音響が大切に感じる瞬間があります。
しかし普通のイヤホンではVRならでは奥行きを感じるのは難しい…そこで、遂に見つけたOculus Quest 2の為に生まれたような神イヤホンを紹介します!

スポンサーリンク
▼▼▼他のおすすめアクセサリーのレビューはこちらから!▼▼▼
【必見】Oculus Quest 2のおすすめアクセサリまとめ!【快適VR】
Oculus Quest 2は純正のまま使用するよりも、それぞれ販売されているアクセサリーパーツを組み合わせる事でより快適なVRライフを満喫する事が出来ます! この記事では私が実際に購入した物でおススメのアクセサリーパーツをまとめて紹介していきます!

Oculus Quest 2のイヤホン選びは難しい!

プレイしていてイヤホンが欲しい瞬間

Beat Saberもイヤホンがあると没入感が格段に上がりますし、小さな音が重要になるFPS系のゲームなら尚更敵の足音など「音による情報」が必要になる場面が多いです。

Oculus Quest 2のスピーカーは高品質でそのままでも映画館のような音響を感じる事は出来ますが、さすがに小さく立体的な音響を出すのには向いていません。
というかQuest 2に限らず、細かな音というのはスピーカーでは対応しきれません。

また、スピーカーで音を聞いていると周りの生活音も一緒に聞こえてきてしまうので家族と生活している人なんかは没入感が削がれてしまい、プレイに集中出来ませんね。

せっかくVRで視覚的に没入しているんですから、聴覚的にも没入したいものです。

では普段使っているイヤホンは使えない?

普段使っているイヤホンの画像

クル助がかれこれ5年以上愛用している安いイヤホン

Oculus Quest 2のイヤホンジャックは一般的な3.5mmジャックなので、普段使っているイヤホンなら問題なく差し込んで使用できます。

昨今ではスマホとイヤホンをセットで持ち歩く事も増えてきているのでイヤホンを持っていない人はそうそういないと思いますが、そんなにイヤホンにお金をかけている人は見ません。

「聞ければいっかー」くらいのお手頃イヤホンを使っている人の割合の方が高いでしょう。

では、普段使っているイヤホンを試しにQuest 2に差し込んでプレイしてみましょう。

まあ普通に普段音楽を聴いているくらいの感覚でゲーム音が聴けると思います。

しかしそのままだと音の奥行き=立体感はあまり感じられません。

イヤホン自体が立体音響に対応した作りになっていないので、平べったい音になってしまいます。

本来は右後ろから聞こえているはずの音が両耳で均等に聞こえてしまったり。

遠くの僅かな敵の足音が全く聞こえずに背後から攻撃されてしまったり。

これではせっかくのVR体験が今までのゲームと同じようになってしまいます。

結局はゲーミングイヤホンが適しているが…

 

ゲーミングキーボードの写真

結論から言ってOculus Quest 2のゲームプレイにはゲーミングイヤホンが最適解です。

ゲーミングイヤホンはその名前の通り、ゲーム専用に設計されており音の奥行きや立体感を引き出す為に設計されている専用イヤホンだからです。

しかしゲーミングイヤホンも安い物になると普通にイヤホンと変わらない音質になります。

普通のイヤホンもゲーミングイヤホンもそこは一緒なんですけどゲーミングイヤホンを買うからには「普通のイヤホンとほとんど変わらない」というレベルの商品を買うのは損です。

かといってイヤホンにそこまでお金をかけたくない!

という人もいると思います。

私もその口でした。

自慢じゃないですが私はイヤホンに3000円以上かけた事はただの一度もありません。

とりあえず聴ければいいや~という考えの代表のような人間です。

そんな私が少し高めのイヤホンでVRで最高の体験をする為に思い切ろうと思って今回のイヤホンを買ったらこれがもう…。

VRゲームだけじゃなく、Youtube鑑賞の質まで上がりました。

Oculus Quest 2で使っていない時も、日常でも大活躍できるイヤホンだったのです。

「final」が販売するVR3000 for Gaming

VR3000 for Gamingのパッケージ画像

この「final」が販売しているVR3000 for Gamingというイヤホンが怪物でした。

「final」は国内メーカーで、どちらかと言えばプロ向けの高級イヤホンを販売しており、音質・音響のプロが揃った企業です。

そしてそのイヤホン特化企業がゲームやVRの為だけに研究し制作したイヤホンがこのVR3000 for Gamingというわけですね。

何がそんなに凄いのか?

VR3000 for Gamingイヤホン

公式サイトを見ると凄そうな専門的な内容が多く見られ、何だかよく分からないかもしれませんので簡単に実際に使用した人間として魅力をお伝えしていきます。

まず大前提としてこのVR3000 for Gamingはバイノーラル音源に非常に強いイヤホンという事です。

バイノーラル録音 - Wikipedia

凄く簡単に言えば私達が現実で自然に聞いている音に非常に近いという事です。

想像してみてください。

日常では絶対に聴く事は出来ない、ゾンビの唸り声が耳元でリアルに聞こえたとしたら?

勿論ゲームや音源にもよりますがこの体験がこのイヤホンなら可能になります。

そしてVRゲームはそのほとんどがバイノーラルに限らず立体的な音響で制作されています。

つまり、普通のイヤホンでは制作されたゲームの本当の音を聞き取れていないわけですね。

ヘリコプターが段々近づいてくる音。

遠くで誰かがヒソヒソと話している声。

真後ろで開く扉の音。

どの方向から、どれくらいの距離で音がしているのか?

そういう聴覚的な細かい情報をこのイヤホンでは得る事が出来ます。

実際にこのイヤホンを装着してアリゾナサンシャインをプレイしてみてください。

まるで本当に向こうからゾンビが迫ってくるような緊張感、あるいは空を飛ぶヘリコプターが本当に近くまで来ているかのような立体的な音響が楽しめます。

音、というのは本当に重要な没入要素だとこの時に初めて気づくでしょうね。

スポンサーリンク

VRゲームどころか普段使いまで余裕

イヤホンで音楽を聴いている男性

VR3000 for Gamingは何もOculus Quest 2でしか機能が果たせないか?と言われると全くそんな事はありません。

普段使いでYoutubeを見たり、音楽を聴いたりするのにもとても役立ちます。

むしろこれまで「イヤホンにお金なんてかけた事が無い」という人ほどぜひこのVR3000 for Gamingで普段使いを満喫していただきたい。

先ほども言いましたが、VR3000 for Gamingはバイノーラル音源を得意としていて…つまりは立体的な奥行きのある音を大得意としています。

ASMRというジャンルをご存知でしょうか?

ASMR - Wikipedia

簡単に言えばバイノーラル音源で様々な音を耳元で鳴らし、脳がゾワゾワっとする気持ちいい音源の事です。

例えばこういった動画▼▼▼

ASMR 涼しくなる炭酸多めの水の音

好きな人は凄く好きな炭酸の音です。

こういう特定の音が好きな趣向の事を「音フェチ」なんて言いますが…

VR3000 for Gamingはこういう立体的な音源が大得意です!

今まで使っていたイヤホンと比べてみると明らかに音の広がりが違う事がすぐに体感できます。

安いイヤホンはどこかこもったような音がしますがVR3000 for Gamingはこういう音源を聴いている時もとてもクリアな聴こえ方になります。

VRゲームに限らず、VR動画を見る時なんかも没入感が他のイヤホンの非じゃありません。

普段Amazon Musicなんかで立体音響以外の普通の音楽を聴いている人でも、音質の良さには満足できるはずです。

オーダーメイドのような耳へのフィット感も注目!

VR3000 for Gamingが耳にフィットしている

VR3000 for Gamingは抜群のフィット感が私はウリだと思っています。

普通に電気屋なんか売られているイヤホンは以外としっかり耳にフィットする物は少ないです。

それこそ~2,000円くらいのイヤホンは特にそうなんですが…。

このVR3000 for Gamingを装着すると周りの音がシャットアウトされるほど、耳へのフィット感が凄いんです。

これが更に没入感を加速させ、VRゲームであれば更にドハマりしてしまう要素の一つです。

いや~なケーブルノイズが無い!?

更に最初から同梱されているケーブルイヤーフックが抜群にいい仕事をしてくれます。
上の写真の耳にかかっている部分のパーツですね。

普通のイヤホンだとどうしてもケーブル同士や服への接触などでケーブルノイズが発生します。

いわゆるシュア掛けというイヤホンの掛け方をしてもケーブルと耳がすれてゴロゴロと音がしてしまう場合があります。

シュア掛けのメリットは?イヤホンの正しい付け方とは?イヤホンが外れる人必見!装着感UPのコツを解説!
イヤホンを正しく装着できていますか?自分に合った装着方法で、快適にいい音を聴いてください! e☆イヤホンのはまちゃんです!   「イヤホンは付け方で変わる!」 イヤホンを正しく装着してよりいい音を聴きましょう!もし

ザワザワ…と音と共に響いている実に嫌なノイズです。

しかしこの付属しているケーブルイヤーフックを装着すると耳の後ろでケーブル部分が固定されるのでケーブルが耳に擦れる事が無く、いや~なケーブルノイズがほぼ無くなります。

これもゲームプレイヤーとしても音楽を愛する人としても非常にありがたい仕様ですよね。

有線イヤホンなのにVR3000を選ぶ理由

ここまで読んでいただいて、Oculusプレイヤーとしてはこう思うと思います。

「有線って…プレイ中に邪魔になるじゃん。ワイヤレスで良くない?」

これ、ある意味的を得ています。

というかこの辺りは本当に好みの問題になってくるのです。

確かにOculus Quest 2はbluetooth経由でワイヤレスイヤホンを接続する事が可能です。

しかし物によっては無線ゆえに音が遅れて聞こえてきたり、接続が不安定になると急に音が途切れたりとあまりいい事がありません。
(※無論、高いワイヤレスイヤホンであればその限りではありません)

その点有線イヤホンであればそういった不安定さとも無縁ですし、何よりVR3000のゲームサウンドの再現性は通常のステレオイヤホンとは一線を画しています。

ケーブルがプレイ中に邪魔になる問題については、正直そんなに気になりません。

イヤホンを装着してある程度の長さを絞れるので私自身がプレイ中に危険な思いをした事が無いからです。

VR3000 for Gamingのアジャスターを調節している

ただそれでも「音が聴ければいいから無線でいい」というのであればそこはお好みです。

私は無線を否定はしません。

無線は無線でメリットだらけです。

しかしせっかく視覚的にリアルなVRゲームをするのであれば、聴覚的にもリアルさを追求したい…。

その為に必要なのが有線イヤホンのVR3000 for Gamingであるなら、それが最適解かと思います。

まとめ

VR3000 for Gamingは立体音響に最も適したタイプのイヤホンです。

公式サイトにもOculus Quest 2で使用している写真を紹介している事から、VRゲームでの使用を想定して作られている事が伺え、もはや専用イヤホンと言っても過言ではありません。

その上、普段使いでYoutubeで音楽鑑賞などにも十分以上に使用できるので買ってよかったな!と思えるゲーミングイヤホンと言えます。

今まで安めのイヤホンを買ってきた人にはやや勇気のいる値段ではありますが、Oculus Quest 2のイヤホンをお探しなら間違いなく外れない最高の一品であると言えます!

こちらの現在はOculus Quest 2の売れ行きが好調なので、品薄になりがちです。

気になる人は早めにチェックしておきましょう!


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました