IN DEATH:UNCHAINEDレビュー!心折れる系のVRローグライク!?

VRゲーム

IN DEATH:UNCHAINEDは入るたびに毎回構造の違うダンジョンを弓矢で攻略していくローグライクアクションゲームです。

難易度はかなり高い方なのでアクションが苦手な人には厳しいですが、その分だけ上手くプレイ出来るようになった時の達成感は中々です。

値段も安くは無く日本語にも未対応なので買おうか迷うユーザーも多いかも…?

気になるプレイ内容をレビューしていきます!

スポンサーリンク
▼▼▼他のVRゲームのMY総合ランキングへ行く▼▼▼
 
【随時更新】Oculus Quest 2おすすめゲームランキング&レビュー済みまとめ
Oculus Quest 2のVRゲームを完全に個人好みで総合ランキングに! 1位はやっぱりあの伝説の…!? 実際にプレイしてみて面白かった作品はマイナーでも容赦なくランクインさせてます! あなたの知らなかった隠れ面白ソフトが見つかるかも!?
▼▼▼IN DEATH:UNCHAINEDの総合評価はこんな感じ♪▼▼▼
タイトルIN DEATH:UNCHAINED
価格¥2,990
ジャンルアーケード、アクション、シューティング
言語英語(日本語未対応)
開発元Superbright
 
面白さ 5.0 難易度 5.0
操作性 4.0 中毒度 3.0
爽快感 3.0 VR酔い 1.0
難易度高めのVR×弓矢ローグライクアクション!何度死んでも立ち上がるあなたに!
【良い所】
弓矢を射るリアルな感覚がVRでしっかりと活かされていてGood!
難易度は高めだが段々強くなってくる感覚がとても楽しい。
銃ゲーと同じくヘッドショッドを決める感覚はもはや中毒になる。
【残念な所】 
全編英語で日本語未対応。雰囲気は壊れないので英語のままでもいいか…。
操作方法がちょっと複雑なので慣れるまでが大変かもしれない。
▼▼▼IN DEATH:UNCHAINEDの公式トレーラーはこちら!▼▼▼

In Death Unchained • Trailer • Oculus Quest

IN DEATH:UNCHAINEDはどんなゲーム?

ジャンルはローグライクアクション

入るたびに毎回ダンジョンの構造が変わるゲームの事を「ローグライク」というジャンルで呼びますが、IN DEATH:UNCHAINEDはまさにソレです。

開けた空間などの大きな建物は変わりませんが、道中の構造は大きく変化します。

なのでマップを覚えてもあまり意味が無いわけですね。

入るたびに構造が変わるという事で、敵の配置も微妙に異なります。

プレイしている内になんとなく「ここを曲がったら敵がわんさかいるな…」という感覚は掴めてきますが、完全に敵の配置を覚える事は出来ません。

基本的なアクションは?

武器・攻撃

IN DEATH:UNCHAINEDで攻撃する所

初期装備や弓矢のみですが、アチーブメントを解放していくと途中からボウガンが登場します。威力も強く銃に近い操作性なので特に弓にこだわりが無ければボウガンでステージを進めていくことになると思います。

防御・回避

IN DEATH:UNCHAINEDの盾

防御は左手中指トリガーを押している間のみ盾が出現するので、それで防ぐ事になります。

敵が撃ってきた矢や、近接攻撃などもこの盾で防ぐ事が出来ます。

最初は中々遠くからの射撃が当たらないので敵に近付いて撃つケースが多くなるため、盾操作は覚えておいて損はないでしょう。

IN DEATH:UNCHAINEDの結晶

右手中指トリガーを押している間は結晶を握れ、結晶を投げるとその方向に緊急回避する事が出来ます。

忘れがちな操作ですし、あまり使わないと思うので頭の片隅に覚えておきましょう。

移動

IN DEATH:UNCHAINEDの移動方法

このゲームの移動方法はかなり特殊で、ボタンを押して光る弓矢をセットして撃ち、矢が到達した地点に瞬間移動するという移動方法です。

移動速度が早くテレポート移動に近いので、VR酔いに陥る事もありません。

原則光る矢が到達した場所ならどこでも飛べるので、屋根の上だろうが柵の上だろうがお構いなしに動き回る事が出来ます。理想の射撃地点を見つけて有利に立ち回りましょう。

スポンサーリンク

ゲーム性はどんな感じ?

敵を倒してボスに挑むシンプルな構成

IN DEATH:UNCHAINEDのプレイ画面

ステージは全3種類あり、それぞれのダンジョンは入るたびに構造こそ変わりますが基本的に謎解きなどの要素は無く敵を倒しながら一直線でボスの元まで辿り着きます。

数字としてのレベルアップ要素は無いので、自分の腕が上がったかどうかが攻略の大きな鍵となりますね(笑)

アチーブメントシステムでボーナス解放

IN DEATH:UNCHAINEDのアチーブメント解放画面

プレイ中に「無傷でボス撃破」や「初めて死亡した」など特定の条件を満たすとアチーブメント=トロフィーが解放され、ボーナスが解放される事があります。

最大HPが1増えるなどの恩恵が受けられるので、積極的に狙っていきたい所です。

どこから、どの矢で撃つか?という戦略が必要

矢の種類も数種類あって、広範囲の敵に攻撃が出来る矢や爆発する矢などバリエーションがあります。基本的に屋根の上からでも狙撃出来るのでどこから、どの矢で撃ってどう立ち回るか?という戦略が攻略する上では非常に比重が高いゲームです。

何も考えずに弓を乱発していてもこのゲームはクリアできない…というのが難しくもあり面白さを感じる点でしょう。

日本語には対応しているのか?

残念ながらIN DEATH:UNCHAINEDは全編英語で表記されているので、英語が苦手な人にはアチーブメントが解放されてもサッパリかもしれません。

ただ、変な日本語対応よりかは英語表記の方がゲームの雰囲気的にはオシャレでしっくりくるので、諦めて感覚でプレイするしかありません(笑)

追加DLCはあるのか?

全3ステージの他にどうやら追加DLCがあるようですが、私もまだそこまでは辿り着けません。ホントにかなりシビアな難易度なので、本編をクリアするのがいつになるのか?という感じです。

VR酔いはするのか?

移動方法も光る矢を使ったテレポート方式に近いですし、激しい視点移動も無いのでVR酔いする事はまず無いでしょう。

私もVR酔いはかなりしやすいタイプですが、今の所1時間ぶっ通しでプレイしても酔った事はありません。

IN DEATH:UNCHAINEDのプレイレビュー&感想

とにかく難易度高いので覚悟せよ

あまりにも難易度が高いゲームは「死にゲー」と昔から揶揄されますが、本作品も似たようなものです。

特に初戦は操作にも慣れないのであっという間に袋叩きでゲームオーバー(笑)

一応ライフは6メモリくらいはあり、武器の横部分に表示されているので常に確認しながら戦いましょう。残り半分を切るとコントローラーが心臓の鼓動のようにドクドク震えるので怖くなってきます…。

敵は慣れてくればサクサク倒せるようにはなりますが、ボス戦は地獄を見る事になるのでしっかりとした戦略が必要になります。

射る、という感覚がVRでしっかりと活きている

弓矢とVRもまた相性が良く、他のゲームでもメイン武器として採用しているものもあります。IN DEATH:UNCHAINEDは特にリアルに弓矢を射る感覚があり、銃が好きな人でも弓矢でヘッドショットを一撃決めた時の爽快感は目を見張る物がありますよ!

その分狙った場所に撃つ事の難しさは銃の非ではありません。

Gun Club VRのようにレーザーポインターがついているわけでも無いので、自分の腕一本が頼りになります。

弓が弧を描いて飛んでいく事を頭に入れ、軌道を想定した狙撃が必要です。

また、移動も弓矢を撃って移動するので腕の疲労はどんどん溜まっていきます。

移動時は撃つ時のようにしっかり構えずに軽く射る感じで充分移動出来ますので、肩の力を抜いていきましょう。

ボウガンが登場したらすぐ乗り換えよう

初期装備は弓矢のみですが、アチーブメント解放のどれかのタイミングでボウガンが解放されます。ボウガンは威力も強く、弓矢よりも真っ直ぐに矢が飛んでいくので銃に近い感覚で使用できますから攻略にはボウガンの方が向いていると思います。

特別弓矢に思い入れが無い場合はすぐに乗り換える事をおススメします。

ボウガンはステージに入る前の広場で弓矢と一緒に置いてあるので、そこからボウガンを拾ってステージへ向かいましょう。(序盤はまだボウガンは登場しませんのでいきなり探さないでください(笑))

出現する敵の種類

出現する敵の種類は結構豊富で、アチーブメントを解放していくと更に強敵がステージに出現する仕組みになっています。

ここでは私が今の所出会っている敵の種類を紹介していきます。

モンク

IN DEATH:UNCHAINEDのモンク

プレイヤーと同じく弓矢の遠距離攻撃をしてくる敵です。

フードを被っており、顔は全く見えませんので暗殺者みたいな風貌ですが、弓兵の様です(笑)

ヘッドショットを決めれば一撃で倒せるレベルの雑魚キャラですが、厄介なのがテレポートしてくるという特徴。

一度見つかってしまうとそこが屋根の上であろうと、少し離れた足場であろうと普通にテレポートしてプレイヤーを追い詰めてきます。雑魚キャラとは思えない有能ぶり。

まあプレイヤーもテレポート移動してるので、人の事は言えません。

ナイト

IN DEATH:UNCHAINEDの兵士

斧を持った兵士です。鎧をまとった見た目通り、防御力はまあまあですがなぜかヘッドショッドでほぼ一撃で倒す事が出来ます(笑)

近接戦闘タイプの敵で近寄ってきて斧を振りかぶってきますが、盾で攻撃が防げるのでそこまで怖くはありません。

しかしプレイヤーが屋根の上から狙撃している時などは、斧を投げてきます。

しかも何気にコントロールが上手なので注意しないと普通に攻撃を受けてしまいます。離れているからと言って油断せず、モンクと同じ遠距離攻撃タイプの敵と思ってしっかり倒しておきましょう。

ゴースト

ふわふわと漂っているゴースト。プレイヤーを見つけると浮遊しながら近寄ってきて攻撃してきます。屋根の上にいようが浮いているのでお構いなしで近寄ってくるので厄介です。

胸の当たりの白い点が弱点で、そこを正確に射貫かないと倒せません。

先に遠くから弓で撃っておびき寄せておくと安全に始末できます。

ゾンビ(?)

IN DEATH:UNCHAINEDのゾンビ

正式名称は不明ですが、ゾンビのような見た目でひょこひょこと近寄ってきて攻撃してきます。遠距離攻撃は出来ない上に、胴体に一発撃てば倒せるというひ弱ぶり。

ただ、その分だけ集団で固まっている事が多いので油断していると袋叩きに合います。

デーモン

最初のステージ内には出てきませんが…?

炎を吐いてきて体力もメチャクチャにタフな悪魔です。ヘッドショット一発程度では死にませんし、炎を吐いてくる感覚も短めなので操作に慣れない内に遭遇すると間違いなく殺されます(笑)

アチーブメント解放が鍵

IN DEATH:UNCHAINEDはレベルアップ要素や新しい武器要素などがほぼ無いので、プレイ中に特定の条件を満たして解放されるアチーブメントが攻略の鍵になってきます。

というのもアチーブメントを解放すると、最大ライフが増えたり、攻撃力が上がったりする事があるからですね。

アチーブメント解放条件も英語で書かれているのでイマイチ分からないかもしれませんが、何度もステージをプレイしている内にほとんどのアチーブメントはどんどんと埋まっていきます。

出来るだけ序盤で解放しておきたいのが「ステージ1のボスを無傷で倒す」というアチーブメントです。これを解放すると最大ライフが1増えるので戦闘に少し余裕が出るかと思います。

ボス攻略に必要な物とは?

IN DEATH:UNCHAINEDのステージ1のボス

まずはステージ1のボスを倒す事を目標にしていきましょう。

ボス自体は動きも緩慢なのでそこまで脅威ではありませんが、周りに出現する弓兵が非常に厄介です。うまく距離を取りながら戦う必要があります。

…が、このゲームはすでに最初から難易度が高いのでボスも一筋縄では倒せません。

そこでここまでの道中で敵からドロップしたり、ショップで購入できる「爆発する弓矢」を大事に持っておきましょう。

そしてボスの元まで行き、ボスが振り向いた所で爆発する弓矢をこれでもかと連射していれば普通に無傷で倒せます(笑)

ちょっと狡い感じもしますが、サクサク1ステージはクリアしていきましょう!

まとめ

IN DEATH:UNCHAINEDは難易度高めのローグライクアクションです。

全編英語表記なのでとっつきにくさはあると思いますが、慣れてくるとこれほど楽しい弓ゲーはありません。

VR×弓矢の相性の良さをこれでもか、と体感させてくれる一作に仕上がっています。

今まで日本語未対応というだけで食わず嫌いでしたが思い切って購入して良かったなと思えたタイトルでした。

死んでも死んでも諦めない不屈のゲーム魂をお持ちの人は是非プレイしてみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました