Gun Club VRの評価は?ガンマニア垂涎のリアル感に感動!

GunclubVRのアイキャッチ画像 FPS
Gun Club VR、私は3つ目に買った思い入れのあるタイトルです。
SUPER HOT VRのような射撃体験とはちょっと違った「本物感」が欲しかったからプレイしてます。
このゲームでVR内の射撃の腕は格段に上がりましたね。
では、レビュー行ってみましょう♪
スポンサーリンク
▼▼▼Oculus Quest 2ゲームの総合ランキングまとめ記事はココ!▼▼▼
【随時更新】Oculus Quest 2おすすめゲームランキング&レビュー済みまとめ
Oculus Quest 2のVRゲームを完全に個人好みで総合ランキングに! 1位はやっぱりあの伝説の…!? 実際にプレイしてみて面白かった作品はマイナーでも容赦なくランクインさせてます! あなたの知らなかった隠れ面白ソフトが見つかるかも!?
▼▼▼Gun Club VR の総合評価はこんな感じ♪▼▼▼
面白さ ★★★★★ ストーリー性 ★☆☆☆☆
操作性 ★★★★☆ 中毒度 ★★★★☆
爽快感 ★★★☆☆ VR酔い ★☆☆☆☆
自由に動けるOculus Quest 2でぜひ体験して欲しいシューティングソフトの1本!!
【良い所】徹底したリアル志向の操作性で銃を扱う楽しさが分かる。
板切れが標的なので血も出ないし誰も傷つかないので子どもでもできる。
銃に興味が無くても自然と色々な知識を覚えられる。
【残念な所】プレイ内容が射撃練習場みたいな感じだけで進行していくのでマンネリに。
ライフル銃など両手で扱う銃はコントローラーがふらつくのでやり辛い。
▼▼▼Gun Club VR のプレイ雰囲気を味わうための公式トレーラー▼▼▼
Gun Club VR – Official launch trailer

 

Gun club vrとは?

(Gun Club VRのプレイ中画像)

限りなくリアル志向のVRシューティング!

まずGun Club VR最大の特徴は限りなくリアルに再現された実在銃の存在感です。

GunClubVRのハンドガンの画像

細部まで精巧に再現されているのでガンマニアでなくとも本物の銃を持っているような錯覚に陥るレベルのリアルさです。

安全装置やフラッシュライト、サイト(距離)の調整なども出来ますよ。

銃はリアル!ターゲットは…?

銃はもの凄くリアルな表現に対する一方で、ターゲットは板切れに書かれた絵です。

GunClubVRのターゲットの画像

当然、板切れなので血も出なければ頭が吹っ飛ぶ事もありません。
そういう暴力表現が苦手なプレイヤーも安心してプレイする事が出来ますね。

しかし板切れとは言えやはり的であり敵です。

彼らもまた、こちらに応戦して撃ち返してくる場面も多いので注意しましょう。

血も出ない、誰も死なない平和なゲーム

虹をバックに人が手を取り合う写真

ターゲットも板切れなので何の不快感も無く打つ事が出来ますし、非常に平和なシューティングゲームであるという所でしょう。

血も出ないし誰も死なない、誰も悲しまないこの銃撃戦からは、純粋に銃そのものの扱いを楽しんで欲しいというメッセージがひしひしと伝わってきます。

構える、撃つ、装填する、カスタマイズする…銃の面白さのみにとことん集中できるのはその他のシステムや表現がシンプルなのが一番です。

Gun Club VRはシンプルに銃の面白さを追求できるそんなシステムになっています。

VR酔いし辛いので初心者にもおススメ!

Gun Club VRはほとんど場合はその場に立った状態で体だけ動かす事が多いので、視界があまり激しく動かずVR酔いし辛いのも特徴です。

GunClubVRをプレイ中の画面

アクションモードではテレポート移動(移動先を指定しておいてボタンを押す)はありますが、VR空間ではテレポート移動はVR酔いし辛いです。

GunClubVRでテレポートする時の画面

 

むしろ先日のSWATアップデートの際に追加された「自由移動モード」の方が余程酔います。

自由移動モードではOculusコントローラーのスティックを動かして滑る様に移動していくので、自分の体との誤差を感じやすく、結果VR酔いしやすくなります。

自由移動モードを選択する時は、ご自身の体調とVR酔い耐性と相談しながら慎重に行ってください。

ゲームの進み方は?

Gun Club VRにはおよそストーリーと呼ばれる内容は一切ありません。

ミッションをこなして資金を稼ぎ、新しい銃を買って次のミッションへ!と繰り返していくのがGun Club VRの遊び方になります。

まずはミッションをこなして資金作り!

ミッションはそれぞれの銃の種類によっても変わってきますが、最初はハンドガンだけしか持っていないのでハンドガン専用ミッションをサクサクとこなしていきましょう。

GunClubVRのミッションを受注する画面

GunClubVRのプレイ結果画面

ミッションをノーミスで素早くクリアするとボーナスが加算され、もらえる金額が増えます。
このボーナスは積極的に狙っていきましょう!

また、ランクアップによる臨時収入ボーナスもあります。
まずはこういった資金を目当てにガンガン進めていきましょう!

GunClubVRのランクアップ画面

お気に入りの銃を買おう

Gun Club VR内で販売されている銃の種類は豊富です。
あなたのお気に入りの1丁が見つかったら、その銃の購入を目指して資金を貯めましょう。

GunClubVRで銃を購入する画面

例えばハンドガン好きでも最初は武器の全種をまんべんなく購入してお試しみたいな感覚で使っていくといいと思います。

安いモデルもあるので、最初はそういうので構いません。

色んな銃に慣れておくと、ミッションを進めるのにも有利になります!

難しいモードにもチャレンジ!

進んで行くに連れて、連合軍迎撃やスナイパーミッションなど色々な難しいモードがどんどんと解放されていきます。

特にゾンビモードは最後の方になると焦りと恐怖をあなたに感じさせてくれるでしょう。

GunClubVRのゾンビモードプレイ中の画面

 

ストーリーは無いのでクリアは無い

私も全種類の銃で全ミッションをクリアしたわけでは無いので「完全クリア」があるのかどうかは不明ですが、ストーリーそのものが無いので永遠と遊べると思います。

実際私もやり始めてからちょくちょく起動しては銃の感触を楽しんでいるので、何度でも楽しめる一作ですね。

銃のカスタマイズについて

GunClubVRで銃をカスタマイズしている画像

ショップで購入できるパーツの説明

GunClubVRのパーツショップの画面

ショップで購入できるパーツやカスタマイズ品は以下の5種類です。

・容量パーツ
・ダメージパーツ
・精度パーツ
・安定性パーツ
・必須パーツ

それぞれの項目を簡単に説明していきます。

容量パーツは弾倉=装填できる弾の数に関係するパーツです。
容量が大きい弾倉ほど値段が高く、サイズも増していきます。
ハンドガンはMAXまで弾倉を増やすとマガジンが下から飛び出てしまうくらいになるので見た目は少し格好悪くなってしまいますね…。

ダメージパーツは発射する弾の種類です。
こちらも威力の少ない物から安く、段々と高くなっていきます。
資金に余裕があれば基本的には高い弾を買っておくといいでしょう。
見た目にこだわるのであれば、爆薬系の弾は着弾と同時に燃え上がるのでスマートさは無くなるかもしれません。

精度パーツは名前の通り、スコープなどの照準を合わせる為のパーツです。
ハンドガンにスコープがついていても恰好いいかもしれませんが、主にスナイパーライフルに使用する事が多いと思います。

安定性パーツは補助グリップなどもう一つ持ちてを増やすようなパーツが多いです。
これに関しては完全に好みになってくるので資金に余裕があればでOKです。

必須パーツは他のパーツを取り付ける為のレールであったり、ゲームの進行上で必要になるパーツなどが揃っています。
暗闇ステージに必須のフラッシュライトなんかもこのコーナーにあります。

パーツを全部購入する必要は無い

パーツは種類が豊富にありますが、何も全てを購入する必要はありません。

というか中には用途が被っているパーツもあるので全部購入するだけ無駄になってしまいます。

パーツは全てを購入するのではなく、その銃に必要と思われるパーツだけ購入しましょう。

ミッションを進めていくと「ライトが装着されていないとできないミッション」などが出てきます。

レンズやグリップなどもそうですが、その時によって必要になるパーツを揃えていきましょう!

勿論趣味でパーツで色々ごちゃごちゃつけまくってもそれはそれで楽しいと思います(笑)

モードも種類が豊富

遊べるモードの種類について

Gun Club VRには遊べるモードの種類が豊富にあります。

最初は少ししかありませんが、プレイが進行していく内に徐々に色んなモードが解放されていく様になっているので是非進めてみてください。

モードは一覧で表示されないので画像で少しずつ説明していきますね。

まずは基本の倉庫モード

GunClubVRの倉庫モードの説明画面

倉庫モードの中には4つのカテゴリーに分かれています。

・ピストルモード

・アクションモード

・ゾンビモード

・サイドショーモード

ピストルモードとは

GunClubVRのハンドガンミッションをプレイ中の画像

これはピストルだけではなく、その時に所持している銃の種類に応じたミッションが表示されます。

もしSMGを所持していればここに「SMG」と表示されその銃の種類に合ったステージが用意されています。

アクションモード

普段のピストルモードなどのミッションでは基本的にその場からは動きませんが、このアクションモードでは場所を少しずつ移動していきます。

GunClubVRのテレポートをする場面

矢印に銃口を向けると自動的に次の場所へ移動

一つの場所で何名かの敵を倒すと「GO!GO!」というアナウンスと共に次の場所に行く為の矢印が表示されます。

設定によりますが、その矢印に銃口を向けていると次の場所へテレポートで移動して再び銃撃戦が始まります。

まるで潜入ミッションでもやっているかのような気分になれること間違いなし!です。

スポンサーリンク

ゾンビモード

説明するまでも無く、板切れのゾンビの絵がパタパタと一斉に襲ってくるモードです。

先に言っておきますが、敵が板切れだからと舐めているとマジで怖いです。

バイオハザードの様にリアルな感じで迫っては来ませんが、ゾンビの絵がパタパタと一斉に寄ってくる様はVRならではの恐怖感を感じさせます。

GunClubVRのゾンビモードのプレイ画面

他のゾンビに気を取られていて左を向いたら目の前にいた、なんて日には声が出ます(笑)

別にすぐ近くに来られてもおしくらまんじゅうみたいに押されているだけでグロテスクな表現はまったくありませんのでそこはご心配なく。

ですが「ウゥッ!」というプレイヤーのうめき声と頭上の体力数値が減っていくのを見ているとなんとも言えない焦りが襲ってきます(笑)

私はこのゾンビモードめちゃくちゃスッキリするので好きですけどね。

サイドショーモード

GunClubVRのサイドショープレイ中の画面

ゾンビモードから一転、これは的を撃つ射撃訓練のようなモードです。

様々な形のターゲットが表示されるので赤い点のあるターゲットだけを撃っていきます。

基本的には動いているので狙い辛かったりしますが、人型の的を撃つのとはまた違った楽しみ方ができると思いますよ。

気分は特殊部隊!連合軍モード

GunClubVRの連合軍モードをプレイしている画面

連合軍モードも4つのカテゴリーに分かれており、その内「ピストル」と「ゾンビ」「アクション」は倉庫モードの時とほぼ変わりません。

ただ変わるのは敵キャラの体力が上がっていたり、攻撃が苛烈になっている点ですがこの辺りは倉庫モードでも難易度が上がってくるにつれてほとんど変わらないので、最終的には同じです。

上の画面の様に人質を取りながら移動している敵を見ると

「SHIT!この人でなしがっ!彼女を放せっ!」と映画の主人公の様な気持ちになれます(笑)

更に連合軍モードでは「アドバンスアクション」のみ倉庫モードには無かったシチュエーションで、「アクション」よりも更に難易度が上がっています。

大人の遊び場、サンドボックスモード!

GunClubVRのサンドボックスプレイ画面

サンドボックスモードは、ゲーム中に登場するあらゆるオブジェクト・銃・ターゲットなどを自由に配置・設定して楽しむ事ができるモードです。

長くGunClubVRをやっていくと、恐らくこのサンドボックスモードが一番ハマります。

上の画面の奥に見えるテーブルでゲーム中に登場する全ての銃が自由に試せます。

GunClubVRのサンドボックスで好きな銃を試している画面

各種カスタマイズも自由に行えるので、値段を気にせずに魔改造する事も可能です(笑)

またこの隣の射撃練習場では警官の射撃練習のように所持している銃の試し打ちが可能です。

GunClubVRの射撃練習中の画面

部屋の真ん中のスペースに戻ると、最初に様々なオブジェクトが設置されていますがこれらも自由に変更する事が可能です。

GunClubVRのサンドボックス中央画面

左の手の平が見えるように傾けると、タブレット画面のようなものが出てきます。
この画面から色々な銃やオブジェクト、ターゲットを出現させる事が出来ます。

GunClubVRの左手タブレット出現の画面

▼こんな風にターゲットを連続で並べてアランドロン並みに早打ちしてみたり(笑)▼

GunClubVRのサンドボックスでターゲットを沢山並べている画面

▼夢の二丁拳銃だってサンドボックスの中でなら簡単に出来ます♪▼
(しかし精度はめちゃくちゃ落ちる)

GunClubVRで二丁拳銃になっている画面

▼他にもフロップ大砲というオブジェクトからスイカを発射させて素手で殴ったり▼

GunClubVRのフロップ大砲からスイカが出ている

GunClubなのに素手でスイカが割れます(笑)

▼サンドボックス内部の重力を変えて無重力状態にしてオブジェクト浮かせてみたり▼

GunClubVRのサンドボックス内が無重力

と、実に様々な遊び方がこのサンドボックスで出来ます。

無重力で浮いてる銃をキャッチしながらガンガン打ってるとマトリックスみたい…と一人で感動する事もあり、凄く楽しいですよ。

追加DLCのSWATモードもおススメ

GunClubVRの倉庫モードの説明画面

左下のSWATモードのアイコンを選択すると追加DLC購入画面へ

GunClubVRのSWATモードの画面

追加DLC購入後はモード選択画面になります

追加DLC(有料)のSWATモードは新たな武器やステージ、敵キャラやシチュエーションが追加されたお得なパックになっています。

またこのSWATアップデートをすると自由移動(滑るように画面内を動く移動)が解禁になり、より没入感の高いFPSへと化けます。

が、VR酔いの危険は格段に上がりますので耐性のない人は注意してください。
(※移動方法は設定から変更することが出来るので安心してください)

部隊は地下鉄。

連合軍の舞台が大戦時風だとすれば、今回は現代が舞台という雰囲気になっています。

実装されているモードは6つ。

・ピストルモード

・アクションモード

・ゾンビモード

・サバイバルモード

・救出モード

・ウェーブ防御モード

ピストル、アクションは従来とほぼ変わりありません。

ゾンビは敵キャラのイラストが一気にニューヨーカーな雰囲気になりました。
また、難易度が上がっていくにつれて全方位から襲ってきます。もうダメです(´;ω;`)

GunClubVRのSWATゾンビモードのプレイ画面

救出モードは人質が多く救出していくのが特徴でこれも楽しめますし、ウェーブ防御は「ウェーブ」という一つの区切りをクリアしていくたびにどんどん敵の数や難易度が上がっていくシチュエーションになっています。

しかし今回のアップデートで一番の緊張感を与えてくれる大目玉はやはり「サバイバルモード」で決まりです。

GunClubVRのSWATサバイバルモードのプレイ画面

宙に浮いている補給弾は至る所に出現する

サバイバルモードは「自由移動」でしかプレイ出来ず、補給される弾数が限られているので無駄撃ちは出来ません。

補給される弾は地下鉄内の至る所に隠れているので、敵の攻撃をかいくぐりながら補給を繰り返して生き残っていかなければなりません。

まるで地下鉄に閉じ込められた絶体絶命の特殊諜報員!というところです(笑)

有料にはなりますが、追加DLCのSWATモードも是非プレイしてみてください。

Gun Club VR攻略のススメ

お金稼ぎに向いてるミッション

慣れもなく射撃の腕も低い最初の時期は、とにかく好成績を出すのが難しいので資金が溜まり辛いと思います。

お気に入りの銃を買ったりカスタマイズするのに、何度も何度もミッションをこなしていくのも大変でしょう。

お金稼ぎに最も向いているミッションを何度かこなして貯めていくのが一番効率が良いですよ。

そのミッションとは、ゾンビモードです。

ゾンビは遠くから射撃してくる事が無く、強いて言うなら素早くこっちに大人数で迫ってくる敵ですので落ち着いてヘッドショットを決めていけばそうそうやられる事はありません。

ノーダメージで素早く終わらせて、ボーナスが加算されると一度に多くの金額を稼ぐ事が出来ます。

GunClubVRのゾンビモードプレイ結果画面

腕が上がって慣れてくると色々なモードでミスが少なくなってくるので、稼ぐのには問題なくなってくるでしょう。

最初は銃への投資を惜しむな!

お気に入りの銃を買うまでは、今のハンドガン一本で我慢するんだ!という堅実な人もちょっと聞いてください。

最初は銃への投資は惜しんではいけません。

特に弾倉の容量と弾の種類にはガンガン投資してください。

容量が多ければリロードする回数も少なく済みますし、弾を強くすれば何度も打つ必要が無くなるのでゾンビモードも更に効率的にクリアしてお金を稼ぐ事が出来ます。

また、最初は積極的に全種類の銃を一番安いものでいいので購入していってください。

色々な銃に触れて操作を覚えておくと、ハンドガンでクリアし辛いミッションでもSMGに変えて挑めば簡単にクリアできる…といったケースにも対応できるからです。

レーザーサイトの無敵感

銃を撃っていて中々的に当たらない!という壁にぶち当たった時に、最高のパーツがこの「レーザーサイト」です。

GunClubVRのレーザーサイト購入画面

必須パーツの項目内で売っています

これは赤いレーザーポインターが伸びるので、照準が合わせやすく凄まじく射撃制度が向上します。

GunClubVRのレーザーサイトを持っている画面

このレーザーが的確に標的に届いて目印に

あまりに劇的に当たるようになるので、もはやチートです、チート。

GunClubVRでレーザーが当たっている画面

このように遠くに敵がいてもバッチリです

めちゃくちゃ遠くに敵キャラが出てくる様なシチュエーションでは必須パーツですが、あまり多用していると面白みが無くなる恐れがあります。

愛銃の魔改造でヌルゲーに…

GunClubVRで銃を魔改造している画面

銃剣をつけていれば近くに来たゾンビもバッサリやれます(笑)

レーザーサイト装着で必中のスナイパーに。

銃剣の装着で近くにきたゾンビもお構いなし。

グレネードランチャーの装着でまとまっている敵キャラを一掃。

現実ではありえない魔改造もゲーム内ではすぐに可能で、あまりやり過ぎるとゲーム自体がヌルゲーになります。

適度な緊張感を持つためにも、たまにはありのままの愛銃で勝負しましょう(笑)

まとめ

Gun Club VRのレビューはいかがでしたか?ちょっとやってみたくなりませんか?(笑)

世代がバレそうですが、昔ゲームセンターによく置いてあった「タイムクライシス」というアーケードゲームがありました。

ハンドガンのコントローラーを画面に向けて、敵の特殊部隊をバンバン打っていくゲーム。

Gun Club VRは敵キャラこそ板切れですが、いつでもどこでもあのアーケードゲームを体験できる画期的なシューティングソフトです。

しかも様々な種類の銃がリアルに再現されていて、見ているだけでも美しい。

ソフト自体の値段もそんなに高くありませんので、Oculus Quest 2を持っているなら是非プレイして欲しい1本です。

▼▼▼コチラの記事も合わせてお読みください♪▼▼▼

▼▼▼Oculus Quest 2についてはコチラ♪▼▼▼

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました